2010年05月31日

大正屋の風物詩毎年恒例の梅酒の仕込み

IMG_8073.JPG
 
大正屋自家製の梅酒つくりの仕込みが 5月28日行われました。 大正屋の会席料理の食前酒としてお出ししております梅酒は 創業以来、自家製の梅酒を使用しております。 毎年この時期、地元小城の牛尾梅林でとれた大粒の梅400キロ(約3万個)を 梅酒用容器3.6リットル入りボトル、200本(焼酎一升瓶400本)を漬け込ん でおります。 梅酒の一番おいしい時期は漬け込みから3年。 梅酒倉庫には約900本のボトルが熟成の時をすごしております。
 
又、焚きたての御飯と一緒にお出ししております漬物も自家製となり 紅梅漬けも同時期に行われます。その他に各野菜の旬にあわせて 漬物漬けが行われます。
 
posted by 大正屋 at 00:00 | 大正屋

2009年10月02日

1日一組の幸せ。大正屋・椎葉山荘のウエディング

四季折々の美しい情景に囲まれた大正屋・椎葉山荘のウエディング。純和風の佇まいと洗練されたおもてなし。
婚礼料理メニューが新しくなりました。厳選されたこだわりの食材と目にも愉しい器との饗宴。贅を尽くした懐石料理で大切なゲストをおもてなし。同時に、プランの内容にて、お分かり頂きやすい料金表示。詳しくは大正屋ホームページ「ご披露宴プラン」を御覧下さい。旅館ならではの色々な特典とサービスをそろえた大正屋・椎葉山荘のウエディング。お気軽に、お問い合わせ下さい。

http://taishoya-wedding.com/

2.jpg
posted by 大正屋 at 17:13 | お知らせ

2009年04月17日

嬉野は「夏も近づく八十八夜〜♪・・・あれに見えるは茶摘じゃないか〜♪」

IMG_7350-thumb-600x400.jpg

「夏も近づく八十八夜〜♪・・・あれに見えるは茶摘じゃないか〜♪」の文部省唱歌「茶摘」。
八十八夜とは、立春から数えて88日目(現在の暦で5月2日ころ)のことで、ちょうどこの頃盛んになる一番茶摘を歌ったものです。

うれしの茶は、日本茶の中では珍しい独特の丸みを帯びた茶の形状から、玉緑茶(グリ茶)と呼ばれます。一枚一枚が丸く緑色の艶が深く、香りや旨みが強いという特徴を持ち、急須の中でゆっくりと開きながら旨みを抽出していくため、そそぐたびに味や香り、旨みの移り変わりを楽しめるお茶として人気です。
posted by 大正屋 at 16:29 | 嬉野温泉 季節の情報

2009年01月08日

第9回嬉野温泉あったかまつり。名湯・嬉野温泉が熱く盛り上がる

attuka.jpg1月31日(土)
〜2月11日(水・祝)
嬉野市嬉野町本通り商店街一帯
         豊玉姫神社
 
嬉野の本通り商店街を中心に、
百句百灯華灯籠や手作りの和紙灯籠が
優しい光を放ち立ち並びます。
期間中週末の夜『ふるまい処』
ではカッポ酒、焼里芋、
手作りぜんざいなどが
味わうことができます。
また郷土芸能や芸能組合による
華麗な踊りの披露もみられます。    

主催 うれしのあったかまつり推進協議会
問い合せ先
嬉野温泉観光協会
観光案内所 TEL 0954-42-0336
事務局   0954-43-0137
      FAX 0954-42-0361
posted by 大正屋 at 16:31 | 嬉野観光ガイド

2008年09月24日

旅行新聞社がアンケート実施の「あなたが感動した宿」。

旅行新聞社が運営管理する旅の専門サイト「おかみネット」で昨年8月から1年間、ネットユーザー向けにアンケート調査を実施、又「日本のホテル・旅館100選」発表冊子・サービスエリアで配布される「高速家族」等でも調査を行った。大小の旅館・シティホテル、民宿などすべての施設から594の施設が紹介された中に私ども「大正屋椎葉山荘」も推奨されました。

嬉野温泉 旅館 椎葉山荘 公式サイト
posted by 大正屋 at 00:00 | 椎葉山荘

2008年09月21日

椎葉山荘にて 夕景

yuukei.jpg


ふと顔を上げると、空を染める夕景に出会いました。
赤からピンク、紫、そして黒へと続くグラデーション。
余りの美しさに、一時、言葉を失いました。
posted by 大正屋 at 17:09 | フォトアルバム