2014年06月11日

ホタル情報

yjimage.jpg


椎葉でのホタル見学はピークを迎えつつありますが、今出ているのはゲンジボタル。 そのゲンジボタルは6月中旬過ぎると徐々に少なくなりますが、その後はヒメボタルが出始め、24〜5日頃まで見学することができます。

日本ではホタルといえば清流を連想しますが、このヒメボタルは5-6月に羽化し川辺などの開けた場所ではなく森林内などの人目につきにくい場所で光るのであまり知られていません。 椎葉での見学ポイントも川沿いや滝周辺から林道方面へ変わってきます。

体長7mmと、ゲンジボタルやヘイケボタルより小さく、更にメスはオスより一回り小さい上太っていて後翅が退化し飛ぶことが出来ません。 そのためオスは飛翔しながら発光しますが、メスは草木につかまった状態で発光します。

成虫の発光は、ゲンジボタルに比べると色は黄色みを帯びています。 しかもゲンジボタルの発光はゆっくりと明滅しますが、ヒメボタルは鋭く歯切れ良く明滅するのが大きな特徴です。
posted by 大正屋 at 16:43 | 椎葉山荘

2008年09月24日

旅行新聞社がアンケート実施の「あなたが感動した宿」。

旅行新聞社が運営管理する旅の専門サイト「おかみネット」で昨年8月から1年間、ネットユーザー向けにアンケート調査を実施、又「日本のホテル・旅館100選」発表冊子・サービスエリアで配布される「高速家族」等でも調査を行った。大小の旅館・シティホテル、民宿などすべての施設から594の施設が紹介された中に私ども「大正屋椎葉山荘」も推奨されました。

嬉野温泉 旅館 椎葉山荘 公式サイト
posted by 大正屋 at 00:00 | 椎葉山荘